ゴルフの総合情報サイト

KokoGolf

ゴルフスクールでの服装と持ち物は?男女別に指南します

投稿日:

ゴルフスクールでの服装と持ち物は?男女別に指南します

こんにちは。PGA認定ティーチングプロの山中です。

今回の記事は、ゴルフスクールやゴルフの練習場に行くときの服装や持ち物(道具など)について男女別に紹介していきたいと思います。

それほど、悩ましい内容でもないのでサクッと解説していきますね。

ゴルフは服装にうるさい?

ゴルフは服装にうるさい?

ゴルフはイギリス発祥のスポーツで、紳士のスポーツと呼ばれています。

そのため、ゴルフ場での服装に非常に厳しいと言われています。

(あくまでもゴルフ場での話で練習場の話ではありません)

しかし、実際には服装にうるさいゴルフ場とそうではないゴルフ場があり、最近は服装にうるさくないゴルフ場も多いです。

さすがにジャージやサンダルでは注意されると思いますが、襟つきのシャツを着ていれば問題ありませんし、ジャケットを着て来場しなければならないというゴルフ場も少なくなりました。

ゴルフスクールや練習場での服装は?

ゴルフスクールや練習場での服装は?

ゴルフスクールや練習場での服装は、動きやすい服装であれば何でも構いません。

ジャージで来ている人もよく見かけます。

数えたわけではないので私の印象になりますが、男性よりも女性のほうがジャージっぽい服装をしている人が多いような気がします。

仕事帰りに練習する人も多いので、男性であればスーツ、女性であれば制服を来ている人も結構目にします。

男女別に服装の注意点を紹介しますので参考にしてください。

男性の場合

男性の場合、夕方以降の時間帯だとスーツや作業着で来ている人も多いです。

基本的に動きやすい恰好であれば練習場で問題になることはないのでジーンズで来る人もいます。

気を付けたいのは靴です。

仕事帰りにスーツで練習場に来る人はたいていの場合、革靴をはいています。

革靴は底がツルツルなので踏ん張りが効かないため、フルショットをするときに滑ってしまうので良い練習になりません。

また、それほど気にする必要はありませんが、仕事で着るようなワイシャツは、伸縮性が全然ないので打ちにくいかもしれません。

上半身だけでいいので動きやすい着替えがあったほうが良いと思います。

女性の場合

女性の場合、あまり露出の多い服は避けたほうが良いと思います。

もちろん、『私は見せたい』というのであれば特に問題はありませんが、ゴルフは男性が多いので、見知らぬおじさんからナンパされることもあるかもしれません。

スカートを履いている人も多いですが、しゃがむ時には注意したほうがいいかもしれません。

(胸元が見えてしまうこともあるので気にする人は気を付けましょう。)

靴についてですが、ヒールの高い靴やパンプスは避けたほうが良いです。

動きにくいということもありますが、靴底がツルツルしていることが多いのでボールを打つ時に踏ん張りが効かないので危ないです。

靴(シューズ)について

靴(シューズ)について

よく聞かれることですが、「練習場でもゴルフシューズを履くべきか?」ということがあります。

正直、練習場であればゴルフシューズである必要はありません。

もちろん、ゴルフシューズを持っているのであればゴルフシューズでかまいませんが、初心者の方で持っていないからと言ってわざわざ購入する必要はありません。

練習場であってもゴルフシューズを履いたほうが良いという人もいらっしゃると思いますが、練習場は実際のゴルフ場と違って地面が芝ではありません。

そのため、練習場でゴルフシューズをはいた場合には、スパイクが地面にめり込むことがないので、その分だけ靴底が高くなる印象があります。

それほど大きな違いがあるわけではありませんが、そんなにこだわるポイントではないと思います。

ゴルフの練習に持っていくべきものは?

ゴルフの練習に持っていくべきものは?

ゴルフの練習に持っていくものをまとめてみました。

最近の練習場は手ぶらで練習に行けることを売り文句にしている練習場も多いので、何ももっていかなくても良いところも増えています。

しかし、自分の道具を持っているのであれば積極的に持っていったほうが、道具の扱いに慣れることができるのでお勧めです。

特に男性と女性で持っていくものに差はないのでまとめて紹介していきますね。

ゴルフクラブ

どんな練習場でもゴルフクラブを貸し出してくれるので、絶対にもっていかなければならないというわけではありません。

しかし、自分のゴルフクラブを持っているのであれば自分のものに慣れる為にも持っていくべきですね。

グローブ

グローブを着けるのと着けないのでは打ちやすさが全然違います。ゴルフは左手リードと言われ、左手に負担がかかりますので、素手だと皮が剥けやすくなってしまいますので、手の保護のため、着用しましょう。

また女性は両手に着用してるのを見たことがあるでしょうか?これは右手の保護の意味もありますが、ゴルフは日焼けをするので、片方だけ焼けてるとモロにゴルフ焼けなのが嫌な方もいるからです。嫌な上司にゴルフを誘われたくないからとか…あとは指の先端が空いているネイル仕様のものもありますね。

グローブは消耗品なので熱心に練習するとすぐに穴が空いてしまいますが、高いグローブだからと言って物持ちが良くなるわけではありません。

安いもので500円くらいですので、購入するようにしましょう。

シューズ

前述のとおりゴルフシューズである必要はありません。ゴルフシューズはスパイクと言って、傾斜面でも滑りづらい爪のようなものがついています。ですが、これはすり減りやすいので、練習場ではもったいない気がします。

動きやすい靴を持っていったほうが気持ちよく練習することができますよ。

タオル

季節によりますが、ゴルフは意外と汗をかきます。

タオルやハンカチなど汗を拭くものがあると便利です。

飲み物

これも絶対ではないのですが、ゴルフ練習場によっては自動販売機の値段が高いところがあります。

水筒などを持っていったほうが経済的ですね。

まとめ

まとめ

基本的に動きやすい恰好であればゴルフの練習場では問題ありません。

男女ともに言えることは、

  • 動きやすい服装であること
  • 滑りにくい靴であること

の2つです。

これに加えて女性の場合には、

  • 露出が多すぎないこと

となります。

ぜひ参考にしてください。

おすすめ記事

1

ここでは、初心者や女性、ジュニアの方など、さまざまなタイプ別に、正しいゴルフスクールの選び方を紹介します。 目次 初心者の選び方中級者の選び方上級者の選び方女性向けの選び方ジュニア(子供)の選び方イン ...

初心者必見!最短で上達するゴルフスクールの選び方 2

こんにちは。PGA認定ティーチングプロの山中です。 ゴルフを全くやったことのない初心者や始めたばかりの人のために、最短で上達するゴルフスクールの選び方を紹介したいと思います。 特にゴルフを実際にプレー ...

-ゴルフの基礎知識, 服装・ウエア

Copyright© KokoGolf , 2020 All Rights Reserved.